会員限定ブログ

ALL

IROCKS2018 塩﨑啓示の出演者解説!「I ROCKS 2018 盟友紹介編」その2

 



塩﨑啓示の出演者解説!「I ROCKS 2018 盟友紹介編」その2

さて、昨日に引き続きこちらのブログでI ROCKS 2018の出演者について1組ずつ紹介させていただきます。
こちらでのブログ公開は期間限定!
そして、LACCO TOWERオフィシャルファンクラブ「猟虎塔」会員の方以外でも観覧可能となっております!
毎日更新するので毎日チェックお願いします(・ε・)



2組目にご紹介するのは、、、



ドブネーズミ みたいに

うつくーしくなりーたい

しゃしんーには うつらない

うーつーくしさが……



ア ル カ ラ!



I ROCKSにアルカラが帰ってきました!
前々回のI ROCKS 2016では、オオトリ前のI STAGEで伝説的なライブを見せてくれたアルカラ。

同世代、しかも同じ結成15周年組。(ちなみに結成した月まで一緒!)
そして、LACCO TOWERが群馬でI ROCKSを開催するのと同じように、
アルカラの地元神戸ではネコフェスというイベントを開催し、故郷から全国に向けて発信し続けている。
ネコフェスは5年、I ROCKSも来年で5年と始めた時期も近い。
結成10周年の時なんて、当時一緒にやっていたバンドを復活させてイベントを開催するなど、
これまた企画する内容まで一緒だったり。
30代超えてからメジャーデビューという点でも一緒。
とにかくアルカラとは縁がある。


メンバー脱退だって同じよ。
LACCO TOWERのギタリストは大介で3人目ですからね。
アルカラだって、色々大変だと思うけどきっと乗り越えられるはず。
俺らだってやれているのだから。

田原脱退の時のアルカラたいすけさんのコメントで覚悟を確信しました。

「この件をきっかけにお互い強くなって、いつか今度は僕自身がピンチをチャンスに変えたでって笑い合える、その日を夢見て精進し続け、邁進し続ける所存です。」


こんな状態の中、I ROCKSに快く引き受けてくれたアルカラに感謝。
こんな経験をして今も走り続けることを選んだアルカラは、覚悟を決めた強さがあります。
おそらく今まで以上に貪欲に、精力的に活動するでしょう。


音楽センターに帰ってくるパワーアップした新アルカラに超期待。


I ROCSKでは出演者の中で結成される「I ROCKSスペシャルバンド」という枠があります。
前回のI ROCKS 2017では、こんなメンツでした。

4/23 I ROCKS 2017 スペシャルバンド
演奏曲:LACCO TOWER「薄紅」
Vo:松川ケイスケ、福島拓也(LILY)、北島康雄(四星球)、渡井翔汰(Halo at 四畳半)
Gt:細川大介、YOMA(The Winking Owl)、岸明平(Rhythmic Toy World)
Ba:塩﨑啓示、岡峰光舟(THE BACK HORN)
Dr、Per:重田雅俊、KOJI(SECRET SERVICE)、磯村貴宏(Rhythmic Toy World)
Key:真一ジェット


LACCO TOWERの曲をみんなで1曲演奏するだけなんだけど、
そりゃもうわっちゃわちゃの盛りだくさんでどこ見ていいかわからない感じ。

四星球の康雄なんて、薄紅の歌詞「染まれ〜染まれ〜」のみでやりきりました。笑

とにかく、その日限りのスペシャルな編成でお送りするのが「I ROCKSスペシャルバンド」というわけです。


そんなI ROCKSスペシャルバンドのこんなアットホームな空気を作った人こそが、

アルカラたいすけさん。※赤いヅラをかぶった変な人です。

この時も全部持っていかれました。笑

俺たちのいう「盟友」とは、刺激し合える仲間のことを言います。
つまり、このスペシャルバンドでいただいた刺激を今度はこちらがお返しする番。
今か今かと待ち望んでいました。

ということで、I ROCKSからネコフェスへお返し。

今年のネコフェスの大事なラストのシーンで、
しっかりとお返し。笑


これが、


シゲタからのシゲキ

サーバーがパンクするほどアクセスが集中していたライブ配信中、奇跡的に撮れた画。
重田ゴリラ、バッチリ世界に配信されました。
いろんなバンドマンがステージでいかに目立つか選手権の最中、ダントツでMVPをかっさらっていきました。
サイトにもちゃっかり写り込んでますw→ NEKOFES 2017


I ROCKS 2018でもむちゃくちゃやってくれるんでしょうね。
アルカラのライブはもちろん、スペシャルバンドでもまた刺激をいただこうと思っています。笑


バンド続けていくといろんなこと起こるけど、
同じように隣で走っている奴がいるのといないのでは大きく違う。
これからも一つよろしく頼みます。


ロック界の奇行師と狂想演奏家。


アルカラッコは永遠に不滅です。


---------

公演名:I ROCKS 2018 stand by LACCO TOWER
日程:2018年3月30日(金)、31日(土)、4月1日(日)
会場:群馬音楽センター
出演:LACCO TOWER / 松川ケイスケと真一ジェット / ircle / アルカラ / UNCHAIN / Age Factory / GOOD ON THE REEL / SIX LOUNGE / cinema staff / 四星球 / NUBO / 秀吉 / FOMARE / Rhythmic Toy World / and more

【I ROCKSオフィシャル3次先行】
受付期間:11月25日(土)19:00〜12月10日(日)23:59
チケット詳細: http://eplus.jp/irocks2018ep/

【問い合わせ】
I ROCKS 2018オフィシャルウェブサイト: http://irocks.jp/2018/

---------

《おまけ》

・塩﨑啓示が選ぶアルカラのベストソングは?

「半径30cmの中をしらない」

https://www.youtube.com/watch?time_continue=126&v=DsiV5Ov7_JY

アルカラのライブでは定番の曲ではありますが、最初に聞いた時の衝撃たるや。
何がくるかわからないような、アルカラ特有のトリッキーで奇をてらう曲も好きだけど、
この曲はど直球で頭のキメからもっていかれます。
今年のMURO FESでアルカラ不在の中、トリを務めたグドモがこの曲をカバーしたのにはやられましたね。

今年リリースしたアルバムKAGEKIに収録されている「さすらい」もこれまた名曲です。
こちらも是非チェックしてみてくださいー!