【期間限定】I ROCKS 2018 ブログ

ALL

IROCKS2018 塩﨑啓示の出演者解説!「I ROCKS 2018 盟友紹介編」その14

塩﨑啓示の出演者解説!「I ROCKS 2018 盟友紹介編」その14


さて、今回も引き続きI ROCKS 2018の第二弾出演アーティストを1組ずつ紹介させていただきます。
こちらのブログ公開は期間限定!
そして、LACCO TOWERオフィシャルファンクラブ「猟虎塔」会員の方以外でも観覧可能となっております!

あっという間に年末ですね。
前回のI ROCKS 2017も遥か昔のことに思えますが、まだ8ヶ月しか経っていない。
そして、次のI ROCKS 2018までもう3ヶ月という、よくわからないスピード感でずっと走りまわっている感じがしています。。
年明けからはさらに1段、2段と加速していくつもりなのでついてきてちょうだいなε=ε=ε= ┌(;´゚ェ゚)┘


前回のIvyに引き続き、こちらもI ROCKSのお馴染みのバンド。
このブログでも今年最後に紹介するのに相応しい盟友。


Halo at 四畳半!

 

Halo at 四畳半(ハロ アット ヨジョウハン)
バンド名は、想像の域を遥かに超えた"Halo(=銀河の外側を取り巻く球場の領域)"と生々しさや現実を象徴する"四畳半"という2つの存在の間に位置するバンドであることを示しているというのが由来だそうです。

通称“ハロ”と呼ばれていますが、どちらかというと“四畳半”の方がインパクトあります。
ちなみに余談ですが、高崎clubFLEEZのドラム台のサイズはリアルに四畳半でした。



そんなことはさておき、、
こちらのちょこんと座っているのがベースの白井。
こいつはまだHaloとも共演する以前から、よくライブに来てくれていました。
東京でのワンマンや高崎のワンマンも、千葉から一人でライブを見に来てくれて、
普通にライブを見てくれるならまだしも、フロアから泣きながら見ているという超が付くほどの感動屋さんです。
それこそ、I ROCKSも出演していない頃から、毎年欠かさずほぼ全日程来てくれています。
すごい。こんなやつなかなかいない。

そこから俺もHaloのライブに足を運ぶようになって、Haloの音楽性や人柄にはまって、
今やツアーにまわったり、2マンに呼ばれたりの関係になりました。

それこそ、どんな打ち上げでも白井はいつも隣にいる気がしますね。。
大事にしたい弟のような存在です。




もはや、白井のベースフォームもお手のもの。
このベースの高さ、この足の角度。
完コピしました。笑


先日のLTSのCrestでもそうですが、本人が見ていたので一瞬だけ白井フォームを披露しました。笑

すごいのが、ステージ袖の上手(ギター側)から見ると、たまにこの足の形が四畳半の“4”に見えます。
ステージ袖のバンドマンにもアピールをするというサービス精神旺盛な白井、さすがや。(→本人は自覚していない。。)

ちなみに白井といえば、アシンメトリーのヘアスタイルですが、
Haloとの2マンの大阪公演にて、真一ジェットはMCでこう叫びました。



「俺がバンド界のアシンメトリー代表だ!」



 





一部、Haloのお客さんがざわついたのは覚えています。。。笑





そんな、Halo at 四畳半
他のメンバーの話もしたかったけど、長くなってしまうのでこの辺で。
全員めっちゃいい奴らだし、大好きです。


HaloはI ROCKS 2016から次で三年連続の出演となります。
前回のI ROCKS 2017では二日目最終日のI STAGEトップバッター。

出番直前、白井がステージ袖で円陣を組みながらメンバーに向かってこんなことを言っていました。

「今日やれなかったらバンドやっている意味ないからね」

Vo&Gt渡井もMCで

「初日のトリだったLACCO TOWERから重たいバトンを渡されてステージ立っています。」

「また1年頑張ってこのステージに帰ってきて、おかえりという言葉を伝えたいと思います」


このI ROCKSでトップバッターの意味、そして何よりI ROCKSに対する想いが伝わってくるライブでした。
前回のI ROCKS最終日の異様なほど温かいあの特別な空気感は、トップのHaloが作ったと言ってもおかしくない。


I ROCKS 2018
Halo at 四畳半に期待してください。

バンド想い、人想いで作られたこのバンドは、
I ROCKSに相応しい愛も熱も込もったライブをしてくれるでしょう。


宜しく頼むぜ。








---------

公演名:I ROCKS 2018 stand by LACCO TOWER
日程:2018年3月30日(金)、31日(土)、4月1日(日)
会場:群馬音楽センター

【2018年3月30日(金)】
松川ケイスケと真一ジェット/UNCHAIN/海北大輔(LOST IN TIME)/and more

【2018年3月31日(土)】
LACCO TOWER/a flood of circle/嘘とカメレオン/KAKASHI/GOOD ON THE REEL/cinema staff/SUPER BEAVER/Sourire/NUBO/Halo at 四畳半/秀吉/ラックライフ/and more

【2018年4月1日(日)】
LACCO TOWER/ircle/Ivy to Fraudulent Game/アルカラ/Age Factory/SAKANAMON/SIX LOUNGE/四星球/FOMARE/Rhythmic Toy World/and more

【I ROCKSオフィシャル最終先行(先着)】
受付期間:12/16(土)12:00~1/8(月・祝)23:59
チケット詳細: http://eplus.jp/irocks2018ep/

【問い合わせ】
I ROCKS 2018オフィシャルウェブサイト: http://irocks.jp/2018/
---------

《おまけ》

・塩﨑啓示が選ぶHalo at 四畳半のベストソングは?

I ROCKS 2017の時の「シャロン」
すごかったな。想いがバシバシ伝わってきました。

他にもたくさん好きな曲はありますが、しいて言うならHaloを好きになったきっかけのこの曲。

「春が終わる前に」
https://www.youtube.com/watch?v=KItelXQAGl8

力強くて優しくて、それでいて温かい。I ROCKSの時期にもぴったりな曲です。